RECOMMEND
All is Calm, All is Bright
All is Calm, All is Bright (JUGEMレビュー »)
Hi-5
6th Full Album
"All is Calm, All is Bright"
2017.10.25 OUT!!
including 10 songs
2500yen(tax in)
Hi-5 NEXT LIVE
2018.05.22 @下北沢CLUB251
shule And christmas「君と観る景色の向こう側」TOUR 2018
w/ shule And christmas(大阪),四丁目のアンナ,蝋人形,RADIACTIVE,callow

2018.06.14@下北沢CLUB Que
PLECTRUM PRESENTS『Boys Don't Cry 7』
w/ PLECTRUM

2018.08.15@下北沢CLUB251
Hi-5 presents "Across 3rd Street"
w/ POLTA +1 BAND (TBA)

info : Hi-5 HP
DQS NEXT LIVE
2018.07.20 @下北沢CLUB Que
夏ノ陣 RETURN TO NATURAL 【VS SERIES】
w/ MAGUMI & THE BREATHLESS

info : DQS HP
ノグチテッペイ個人活動
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH THIS SITE.
What a Beautiful Sunday !!

今日は風知空知にてハックルのアコースティックワンマンを堪能。

予想通り爽やかな風が吹き込んで至福の時間でした。

 

からの、

251へハシゴしてwash?の爆音を浴びまくり。

 

この音量の落差たるや(笑)

 

wash?新曲カッコよかったな〜。アルバム超楽しみ。

 

新色のFUZZ Tシャツもゲットしたぜ。次のライブで着よ。

 

全くもってなんて素晴らしい日曜日だ!!

 

とういうわけで今週も宜しくお願いします。

| - | 23:54 | - | - | pookmark |
スニーカーブルース

おろしたてのスニーカーを履いて出かけた。

 

白いスニーカーは久々や。まんまとZOZOのバーゲンに乗せられてしまった。

 

真っ白なスニーカーは清々しくて良いすね。

 

「この清々しさを曲に…」と思ってデモ作り始めたけどゴリゴリのハードコアになったので途中でやめた。

 

夜はお誘い頂いてGOATBEDのスタジオライブに。

 

ダークな曲調だけど時折サッと光が射すように開ける瞬間にグッと来る。

 

愛子様もなおこ様も自分の位置からは全く見えなかったけど良い音出してました。

 

二人ともお疲れ様。DQSでもその意気で頼むぜ!

 

明日はハックルのアコースティックライブだ。

 

爽やかな5月の風と音に吹かれてきます。

| - | 22:04 | - | - | pookmark |
グリーンだよ!!

ワンマンのラストに演奏した"green"のライブ動画をアップしております。

 

 

2サビ後のギターだけになるところで僕が泣いているように見えるかもしれませんが…

 

実際泣いてます(照)

 

いやぁ、まさか泣くとは。

 

でもやっぱり色んなこと思い出したりしちゃってね。

 

お恥ずかしい限りですたい。

 

おかげでその後の間奏を間違えまくってますね。

 

涙で何も見えんかったとですよ。

 

なので大目に見てやってくださいm(_ _)m

| - | 23:01 | - | - | pookmark |
働く男達
一昨日ライブだったのに

もうスタジオに入って曲作りやってます。

働くねぇHi-5、偉い!

いえ、第3期の曲が全く出来てないので焦っているだけです。

頑張ります。
| - | 23:11 | - | - | pookmark |
無念(涙)

昨夜251へご来場頂いた皆様、対バンの皆さん、251スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

いやぁ、、、、

 

バーニングしちゃいましたね…Macが(涙)

 

僕ら打ち込みを使ってる割には機材トラブルって少ない方なんですけどまさかこのタイミングで来るとは。

 

覚えてる限りではシェルターでdeepseaとやった時、”starlight”に入った瞬間Macがフリーズした時以来かな。

 

あの時はなんとな〜くオダさんとジャムって間を繋いだんですけど、昨日のはもうどうしようもなかったっすね。

 

まぁ機材のトラブルってのは誰にでも起こり得るものなので仕方ないといえば仕方ないんですけど、やっぱり悔いは残りますね…。

 

なんともトホホなライブになってしまいすみませんでした。

 

おっ!

 

こういう風に言えるようになったなんて俺も大人になったな!

 

18年前にやはり251で機材トラブって時間押しちゃってお客さんに野次られた時、僕そのお客さんに対してブチギレましたからね。

 

「今言ったやつ出てこいコラァ!」って(笑)

 

しかも相手女の子。

 

いやぁカッコ悪いったらありゃしない。穴があったら今からでも入りたいくらいですわ。

 

と、そんな昔話は置いといて。

 

一応昨夜のセットリストを。

 

1.WICKED BEAT

2.spinning around

3.universe

4.Voice & Response

5.cool stuff

 

"universe"は「さぁサビ行くよ!」って時にMacがダウン。

 

そして"cool stuff"も後半は打ち込みなしで無理矢理ドラムとギターと歌だけで演奏し、ラストは僕がドラムセットにダイブして終了。

 

まぁあのドラムダイブは本番前からやるかやらんか半々な気持ちでいたんですけどね。

 

なんとか爪痕残そうと思って飛び込んだんですけど、そのままオダさんに抱えられて無様な体勢のままステージを降りるというコントみたいなダイブになってしまいましたね。

 

ヤマジさんやmy wayの村田さんのようにカッコよくダイブ出来んかったな…。

 

めっちゃカッコいいダイブを決めてトリのシュールにプレッシャーかけてやろうと思ってたんですけど(笑)

 

いや、もうやりませんよ。なんか今日体のあちこち痛いし。お店にも迷惑かかるし。

 

ホントすみませんでしたm(_ _)m

 

でも昨日は大阪で知り合ったシュールとも対バンできたし、他のバンドの皆さんとも思わぬとこで繋がってたりして、なんだか人と人の縁に心が満たされた夜でした。

 

ライブはしくじったけど、なんだかんだ良い一日だった!と思って気持ち切り替えます!!

 

なんたって次のライブは"第2期Hi-5"のラストライブですから!

 

2018年6月14日(木) @下北沢CLUB Que

“PLECTRUM  PRESENTS『Boys Don't Cry 7』”

OPEN 18:30 / START 19:15

ADV 3,300円 / DOOR 3,500円 +1D

LIVE: PLECTRUM / Hi-5

 

前売りのご予約はHi-5 HPのメールフォームか公式ツイッターへのDMにて承ります!

 

あと僕の手元にも整理番号早めのチケットあります。ライブハウスに行く時は持ち歩くようにするので見かけたらお気軽にお声がけください〜。

 

最後に昨日の一枚。

shule And christmasのUKと。

 

UK実はDQS愛子さまの大阪時代からの友達で、京都MUSEや大阪knaveのDQSライブも観てくれてたんですって。

 

だから打ち上げに来いと愛子さまに連絡したんですけど結局アイツ来なかったな。

 

僕DQSのリーダーになったので「シゴける権限」をケンさんから継承してるんですよ。どうも彼女はそれを理解していないようだ。

 

次のDQSライブがますます楽しみですね。

 

というわけで今日はこの辺で。

 

さよなら、さよなら、さよなら〜。

| - | 20:24 | - | - | pookmark |
バーニング
今日は251っす!

ワンマン以来のライブ。

ここんとこ曲作りばかりで悶々とたまりまくってますからね。

バーニングしちゃいますよ(俺が)。

というわけで251にてお待ちしておりますー!
| - | 17:01 | - | - | pookmark |
明日です!
今夜は明日のライブへ向けてHi-5リハです。


かなりアゲアゲなセットなんじゃないかと思いますよ。

あぁ、こうやってHi-5でギターを弾くのもあと2本かと感傷に浸りつつもバッチリ仕上げました。

それでは明日下北沢にてお待ちしております!
| - | 22:56 | - | - | pookmark |
JUST FOR ONE DAY

今夜はこちらへ。

 

この超豪華メンツに飛び入りで百々さんも。

 

最高過ぎました。

 

どのカバーも良かったんだけど…

やはりこの曲が一番涙腺に来たっすよね。

 

ヤマジさんが歌い近藤さんがコーラスするピールアウト。最高じゃないわけがない。

 

近藤さんがアウトロで「You do」つった瞬間にあたしは絶頂を迎えました。

 

う〜ん、あれは考えれば考えるほど来るわ。

 

今夜は寝れんなこりゃ。

| - | 22:51 | - | - | pookmark |
| 1/352PAGES | >>